So-net無料ブログ作成
検索選択

台風11号 米軍 2014 最新の予想 [天気]

                   

台風11号 米軍 2014 最新の予想(2014.8.9)と大地震の影響について・・・



スクリーンショット 2014-08-09 2.26.18.gif
http://www.usno.navy.mil/JTWC/


スポンサードリンク





2014年の台風11号の進路予想と米軍の予想




2014年の台風11号の米軍予想はこちら

スクリーンショット 2014-08-09 2.26.54.gif
http://www.usno.navy.mil/JTWC/


スクリーンショット 2014-08-09 2.27.20.gif
http://www.usno.navy.mil/JTWC/


 強い台風第11号は、種子島の南南東約180キロを

ゆっくりした速さで北へ進んでいます。

 種子島・屋久島地方が暴風域に入りました。


四国や近畿では2日間の雨量が1000ミリを超えるおそれがあり、

最大級の警戒が必要だ。


そのほかの地域でも広い範囲で大雨のおそれがあり、

月曜日にはさらに北海道でも大雨が予想されている。


今後の台風情報には

十分に注意が必要です。


スポンサードリンク





台風11号の気象庁の進路予想



スクリーンショット 2014-08-09 2.27.47.gif
http://www.jma.go.jp/jp/typh/index.html

スクリーンショット 2014-08-09 2.28.21.gif
http://www.jma.go.jp/jp/typh/index.html

風11号 西日本に上陸へ 雨量1000ミリ超え予想も



ウェザーマップ 8月8日(金)23時49分配信
台風11号は強い勢力を保ったまま種子島の南を北上していて、9日から10日にかけて西日本へ上陸する見込みだ。四国や近畿では2日間の雨量が1000ミリを超えるおそれがあり、最大級の警戒が必要だ。そのほかの地域でも広い範囲で大雨のおそれがあり、月曜日にはさらに北海道でも大雨が予想されている。


 台風11号は、8日午後11時現在、種子島の南南東210kmをゆっくりと北上しているとみられる。中心気圧は950hPaで、依然として直径300kmを超える暴風域を伴っている。このままゆっくりと北上を続ける見込みで、9日から10日にかけて、九州か四国に上陸する可能性が高くなっている。

スクリーンショット 2014-08-09 2.48.35.gif

<大雨>
 台風の湿った空気と前線の影響で、広い範囲で非常に激しい雨が降りやすくなっている。台風の動きが遅いために雨量が多くなる見込みで、四国や近畿では10日までの2日間で1000ミリ以上の雨が予想されている。特に四国では、8月に入ってからすでに1000ミリ以上の雨が降った地域があるなど地盤が緩んでいるため、土砂災害には最大級の警戒が必要だ。


【予想される雨量(多いところで)】
      9日   10日
・九州南部 300ミリ
・九州北部 400ミリ 150~200ミリ
・四国   600ミリ 300~500ミリ
・中国地方 150ミリ 200~300ミリ
・近畿   400ミリ 400~600ミリ
東海   400ミリ 300~500ミリ
北陸        200~300ミリ
・関東甲信 100ミリ 300~400ミリ
東北        100~200ミリ

<暴風・高波>
 西日本では次第に風が強まり、9日午後には広い範囲で暴風となる見込みだ。関東から西の太平洋沿岸ではすでに台風からのうねりでしけていて、西日本では台風の接近に伴いさらに波が高くなる。台風の動きが遅いため、波や風の影響も長続きする見込みだ。

9日に予想される風と波
     最大瞬間風速 波の高さ
・奄美   40メートル  9メートル
・九州南部 50メートル 10メートル
・九州北部 45メートル  9メートル
・四国   50メートル 12メートル
・中国地方 35メートル
・近畿   35メートル 10メートル
・東海          8メートル
・伊豆諸島        6メートル

 台風は10日午後には日本海へ抜ける見込みだが、台風の南側・南東側でも雨が続くことが予想されている。また11日は、台風が大陸方面へ向かったとしても北海道で大雨のおそれがあり、警戒が必要だ。

スクリーンショット 2014-08-09 2.28.38.gif
http://www.jma.go.jp/jp/typh/index.html

台風第11号 (ハーロン)
平成26年08月09日01時45分 発表


<09日01時の実況>


大きさ -
強さ 強い
存在地域 種子島の南南東約180km
中心位置 北緯 29度05分(29.1度)
東経 131度35分(131.6度)
進行方向、速さ 北 ゆっくり
中心気圧 950hPa
中心付近の最大風速 40m/s(75kt)
最大瞬間風速 55m/s(105kt)
25m/s以上の暴風域 全域 170km(90NM)
15m/s以上の強風域 東側 500km(270NM)
西側 390km(210NM)


<09日02時の推定>

大きさ -
強さ 強い
存在地域 種子島の南南東約170km
中心位置 北緯 29度10分(29.2度)
東経 131度35分(131.6度)
進行方向、速さ 北 ゆっくり
中心気圧 950hPa
中心付近の最大風速 40m/s(75kt)
最大瞬間風速 55m/s(105kt)
25m/s以上の暴風域 全域 170km(90NM)
15m/s以上の強風域 東側 500km(270NM)
西側 390km(210NM)


<09日06時の予報>

強さ 強い
予報円の中心 北緯 29度40分(29.7度)
東経 131度40分(131.7度)
進行方向、速さ 北 15km/h(8kt)
中心気圧 950hPa
中心付近の最大風速 40m/s(75kt)
最大瞬間風速 55m/s(105kt)
予報円の半径 60km(30NM)
暴風警戒域 全域 220km(120NM)


<09日12時の予報>

強さ 強い
存在地域 種子島の東約90km
予報円の中心 北緯 30度30分(30.5度)
東経 131度55分(131.9度)
進行方向、速さ 北 15km/h(8kt)
中心気圧 950hPa
中心付近の最大風速 40m/s(75kt)
最大瞬間風速 55m/s(105kt)
予報円の半径 90km(50NM)
暴風警戒域 全域 260km(140NM)


<09日18時の予報>

強さ 強い
予報円の中心 北緯 31度25分(31.4度)
東経 132度10分(132.2度)
進行方向、速さ 北 15km/h(9kt)
中心気圧 950hPa
中心付近の最大風速 40m/s(75kt)
最大瞬間風速 55m/s(105kt)
予報円の半径 130km(70NM)
暴風警戒域 全域 300km(160NM)


<10日00時の予報>

強さ 強い
存在地域 足摺岬の南西約60km
予報円の中心 北緯 32度25分(32.4度)
東経 132度30分(132.5度)
進行方向、速さ 北 20km/h(10kt)
中心気圧 955hPa
中心付近の最大風速 35m/s(70kt)
最大瞬間風速 50m/s(100kt)
予報円の半径 160km(85NM)
暴風警戒域 全域 310km(170NM)


大型台風と大地震の関係について



※台風と大地震についてですが、台風12号の通過後に雲南省でM6.5の大地震が起きました。 以前の記事に記載しましたが前回の台風の前後に日本でも地震があり、大型台風のくる前に京都で地震が発生しました。
学説では気圧の影響により地盤とプレートに影響を受けるとのことです。
今回も規模の大きい台風ですので、地震に何らかの影響を及ぼす可能性があるかも知れませんので、台風と地震の備えは十分にしてください。

2014 台風11号 米軍 最新の予想は

http://itsumo000.blog.so-net.ne.jp/2014-08-05-3

台風11号の進路 2014 米軍の進路予想とは・・・
http://itsumo000.blog.so-net.ne.jp/2014-08-05


スポンサードリンク


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。